お金

自動車保険更新が近づいたら・・・一括見積もり比較サイトがおすすめ!本当に4万円以上安くなった体験談

皆さん、自動車保険を選ぶ時ってどこで選んでいますか?

我が家はこの6月に自動車保険が満期を迎えるにあたり、更新案内の封書が届きました。

ちなみにうちは、毎回ディーラーで車を購入した時に、ディーラー提携の保険会社で自動車保険加入もお願いしています。

ですので、今回もこのまま普通にディラー経由で更新手続きをしようとしたのですが、内容を見てびっくり!

今までより内容が改悪となっているのに、保険料が高くなっているのです。

内容改悪なのに保険料アップって、ちょっとあり得ない・・・と思い、思い切って今まで使ったことがない「自動車保険一括見積もり」サービスを使ってみることにしました。

今までこれ系のサービスって、営業電話の嵐になって鬱陶しそう・・・と思って利用したことがなかったのですが、結論から言うとそんなことなく、しかも今までと同等(むしろそれ以上)の内容になって、保険料が4万円以上安くなったので、やってよかったと思います。

備忘録兼ねて、この記事に自動車保険比較見積もりサイト利用時の詳細を書いておきたいと思います。

 

 

\保険料が高くなってしまう人は一度試す価値あり!/

一番安い自動車保険がわかる!

これまでの自動車保険内容・保険料と更新案内の提案内容

自動車保険。

いざと言うときのために大切なのは分かっているけれど、できるだけ安く済ませたいですよね。

我が家がディーラーの代理店で入っていた自動車保険は、今まで特に高いと思うこともなく、過去の更新時期には、車両保険金額が下がることでかえって更新後の保険料が安くなっていましたから、過去の更新時には高い!とかの疑問を持つこともなかったのです。

ところが、今回は別でした。更新時に車両保険が安くなる分、少し保険料金も安くなるのだろうと思って封書を開いてびっくり・・・!

車両保険金額が今までの450万円から390万円に下がるにもかかわらず、保険料が、

■現状 91,080円/年間(7,590円/月)

   ↓

■更新後のプラン 102,360円/年間(8,530円/月)

と、1万円以上も高くなることが判明したのです!

これじゃ、納得いきませんよね。

と言うことで、初めて自動車保険の一括見積もり比較サイトを使ってみることにしたのです。実家が使ってる代理店に見積もりをお願いしてみようかとも思ったのですが、やっぱりこういう保険比較サイトの方が、機械的にパパッと簡単に見積もりが出てくるかな、と思ってのことです。

 

一番安い自動車保険がわかる!

自動車保険一括見積もり比較サイトサービスの使い方

自動車保険一括見積もり比較サイトを使う時には、なるべく正確な見積もりを出してもらうため、手元に車検証現在の自動車保険の内容がわかる保険証券(や更新の案内)、免許証を手元に準備してからはじめましょう。

見積もり依頼の入力段階で、それらに書かれている情報が必要になります。

 

自動車保険見積もりサイトのHPへ飛ぶと、大体どこも同じような項目を順番に聞かれていきますので、間違いのないように答えていきましょう。

 

こんな感じです。

 

◆車の情報


 

◆現在の自動車保険加入状況や車の使用状況


 

◆車のナンバー情報


 

◆現在の自動車保険の内容


 

◆個人情報


 

自動車保険一括見積もり比較サイトによって多少異なりますが、どこもこのような内容を聞かれますので1つ1つ順番に答えていけばOKです。

全項目の入力が終わったら、見積もり依頼を送信するだけ!

あとは、早いところはもう、それこそ数分後には簡単な見積もりがメールで届きますよ!

メールで届いた自動車保険各社を比較する

自動車保険一括見積もり比較サイトで必要項目を記入して送信したら、まずその日のうちに何社かからメールで見積もりが届きはじめます。

その後、時間差でハガキでも見積もりが届く会社もあります。

ちなみに、メールはこんな感じでどんどん届きます。

我が家は、全部で8社から見積もりが出ました。

  • セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)
  • チューリッヒ保険
  • SBI損保
  • 東京海上グループ/イーデザイン損保
  • アクサダイレクト
  • ソニー損保
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損保

見た感じ、見積もりの内容はきちんとこちらの車の状態や現在の保険内容などを考慮して出してくれているようなので、現状より保険金額や補償対象が極端に悪い条件になってくるようなことは基本ないみたいです。

こちらの写真は別のサイトで見積もりをした時の結果ですが、大体現在の保険内容と同等の内容でこんな感じの保険料になります・・・安い!

画像には載せていませんが、どの保険会社が成約キャンペーンでどんなプレゼントを提供しているかも出てきました。

思い出してください・・・現在入っている保険会社から来た更新後の保険料金は、車両保険が390万円になってしまうにもかかわらず、年間で「102,360円」でしたよね。

見積もり結果は、むしろ車両保険金額は上がっているのに、保険料の見積もりは半額以下のところもあります・・・!

この中から、一つ一つ今の保険内容と補償範囲や保険金額を見比べて、「この補償内容はもう少し少なくてもいい」とか「この特約は付けておきたいね」など、カスタマイズしていきます。

この辺のカスタマイズは、見積もりが送られてきた各保険会社のHPに飛ぶと、細かく設定できるようになっています。

あとは、いざ事故にあった時の対応がどうだったかも口コミで調べてみて、最後に1つに絞っていきます。

こんな感じで、4/14に自動車保険一括見積もり比較サイトを利用して、4/19には新しい保険会社に現在の保険が切れる日からの申し込みを終えていました。

インターネット割引がある保険会社でしたが、わからないことはフリーダイヤルで聞けば丁寧に答えてもらえますし、その上でインターネットで申し込めばちゃんと割引が効くので、ネットで自動車保険に加入しても何の問題もないな、と感じました。

自動車保険比較サイト使ってみた結果とまとめ

我が家の、現在の自動車保険更新後に新しく契約する自動車保険の保険料は・・・なんと、

41,840円

も安くなりました!!

すごいですよね。極端な補償内容の低下もありませんし、むしろ見積もりをもらった保険会社の補償内容を比較しながら、不要な補償は削って、必要な補償や特約は足すと言うカスタマイズができるのがとても便利でした。

ちなみに、これから自転車を買おうかと思っているので、万が一の自転車事故で相手に怪我をさせてしまった時に保険金がおりる「個人賠償責任特約」はマストで特約つけました!これは、飼い犬が他人を噛んでしまったとか、マンションの下の階に水漏れで損害を与えてしまった、などでも補償されるので、もし入っていない人は付けることをおすすめします。

初めて使ってみた自動車保険比較サイト、保険会社からの営業電話は一本もかかってきませんでしたし、来たのはメールとハガキだけ。メールは、加入する保険会社が決まってしまえば解除すればOKですし、思ったほど煩わしいことは一切なく、とてもスムーズに保険会社を決めることができました!

もし比較をしてみなかったら・・・無駄に今の保険会社でそのまま更新して、年間4万円も高い保険料金を払うところでした。

思い切って比較サイトを使ってみてよかったです。

自動車保険が満期を迎えて更新をどうするか迷っている方は、ぜひ無料の自動車保険一括見積もりサービス 、使ってみてくださいね。

 

自動車保険は比較で安くなる!

40代セミリタイア夫婦のライフスタイルブログ