スポンサーリンク
独り言

2020年ストロベリームーンはいつ見える?なぜいちご?赤い月?ハムに見えるって?

スポンサーリンク

今夜は満月!

正確には、6/6が満月ですが、実際は6/5(金)の夜から日をまたいで6/6(土)に見える月が満月ということで、実質今夜が満月なんですね。

 

しかも今回の満月は「ストロベリームーン」って言うのですって。

 

って言うことは「いちごのように赤い月が見れる♪」って思った私は、単純過ぎました。

ストロベリームーンと言っても、名前の由来には「赤い色」は関係ないのだそうです。

 

では、このネーミングはどこから来たのでしょうか?

そして今夜のストロベリームーンはいつ頃どの辺りで見えるのでしょうか?

スポンサーリンク

ストロベリームーン 名前の由来

ストロベリームーンは、一年の中で一番昼の時間が長い夏至に近い満月といわれています。

Wikipediaによると、「ストロベリームーン」(strawberry moon)は6月の満月を指す俗称であって、正式な天文学用語ではなく、その名称はアメリカ先住民(五大湖の西側に暮らすオブジワ族)の風習に由来するものであり、色とは関係がない、のだそうです。

彼らは、野生の木の実や種子を採って生活して来たため、その時期に採集できるものを月の呼び名としてきたんですって。素敵な風習ですね♪

その中の1つがストロベリームーンで、つまりいちごの収穫時期に昇る月のことを指してこう呼んでいたのだそう。

このように、名前の由来は「赤いからストロベリー」ということではないにせよ、実際にこの夏至の頃に見える満月は、赤みがかって見えることがあり「ストロベリームーン=赤い月」というのもあながち間違いではないようです。

ちなみに、同じ時期に昇る満月でも、ほかの国や地域ではそれぞれ別の名前で呼ばれていて、例えばヨーロッパではハニームーン、ミードムーン、フルローズムーンなどの呼び方があります。

2020年のストロベリームーンはいつどこで見える?

さて、一年で1番昼の時間が長い夏至に近い日の6月の満月「ストロベリームーン」、2020年に見えるのはいつでしょうか?

答えは、6/6の満月が一番夏至に近い満月。

と言っても、6月5日(金)の夜19時頃から日付をまたいで6月6日(土)の朝5時頃までに見える月のことです。6日の明け方に満月の瞬間を迎えるので、本当の真ん丸お月様を見たい方は、明け方がおすすめ。

しかも、今回は、明け方頃に、半影月食(地球の影のうち半影と呼ばれる薄い部分に月が隠される)も見れるんですって。

お天気も良さそうなので、関東から中国四国地方にかけての広範囲で見ることができそうですよ!

ストロベリームーンは恋愛の願い事も叶う?ハムに似てる?

さてこのストロベリームーンですが、伝説的なお話もあります。「恋を叶えてくれる月」の異名があり、好きな人と一緒に見ると結ばれたり、恋愛運が上がるというのがそれ。

いちごのような可愛らしい月を、好きな人と一緒に見れたら幸せですね♡

そしてもう一つ興味深いお話を。この、少し赤みがかったストロベリームーンが、「ハム」に似ていて、写真を並べるとどれがハムなのか月なのか見分けがつかないとうことで、一時話題になったことがあるそうです。

確かに、ぱっと見はどちらがハムで月なのか、老眼の私には区別がつかないものがあり、騙されてしまいそうです(汗)

まとめ

今夜は満月!

正確には、6/6が満月ですが、実際は6/5(金)の夜から日をまたいで6/6(土)に見える月が満月ということで、実質今夜が満月です。

しかも今回の満月は夏至に一番近い満月、アメリカの先住民が名付けた「ストロベリームーン」です。

好きな人と一緒に見ると結ばれたり、恋愛運が上がったり、また「ハム」にも似ていると話題になるストロベリームーン、あなたは今夜、誰と眺めますか?

スポンサーリンク
40代セミリタイア夫婦 理想の上質なライフスタイルの実現まで