スポンサーリンク
美容・健康

初めての老眼鏡の選び方 通販で買えるおすすめ・おしゃれ・安いリーディンググラス

スポンサーリンク

40代の皆さん、そろそろ老眼が気になりませんか?

初めての老眼鏡って、皆さん大体何才位からかけ始めるのでしょう?

私は、元々視力が良かったせいか、40代前半くらいからちょっとスマホなどの細かい文字が見にくいのが気になってました。

年に一度、眼科で調べてもらっていたのですが、「今はまだ、できるのであれば、老眼鏡に頼らない方がいいですよ」と言われていたので、ずっと裸眼で頑張っていたのです。

去年、どうしても見えないスマホの小さな字のために、取り急ぎ、百均で老眼鏡を買ってその場しのぎで使っていたのですが、ここ数ヶ月、「百均のじゃやっぱ目が疲れる!」と、我慢ができなくなりました。

で、いよいよ、老眼鏡を買うことを決意!

いざ買うとなると、どんなのを選んで良いかわかりませんよね。

そこで、初めて老眼鏡を買う人向けに、チェックすべきポイントを調べましたので、共有したいと思います!

スポンサーリンク

老眼の主な症状

 

老眼と一言で言うけれど、どんな症状の

ことを言うのでしょうか?

 

一般的に、こんな症状が現れたら、老眼を疑った方が良いようです。

 

  • いつもの距離感で本を読もうとしても字が読めない。
  • 夕方とか薄暗い部屋の中だと、文字が読みにくく感じる。
  • 慢性的な肩こり・頭痛を感じる。
  • スマホ見る時、無意識にスマホを目から遠ざけて見てしまう。
  • ものを見る時に、ピントが合うのに時間がかかるようになった
  • 長時間読んだりPCを見たりした後に、目がしょぼしょぼする。

 

 

全部、あるあるですね〜(汗)

私は、念のためこれらの症状が他の目の病気ではないことを確かめたいので、年に一度、眼科で検査をしてもらっています。

今年の2月に受診した時は、そろそろ老眼鏡かな、と度数も測ってもらい、「+1.00」と言う診断を受けました。

皆さんも、これらの症状があった場合、老眼と決めつけず、まずは念のため他の病気が隠れていないか、眼科で診てもらうようにしてくださいね。

老眼の度数って?

 

老眼について知識がほぼなかった私は、この年始の眼科受診で老眼鏡を作るように勧められるまで、老眼鏡に度数があるのを知りませんでした。。。(汗)

新聞を渡されて、どのあたりで読みやすくなるか、などのチェックをして、今はまだ+1.00の軽度の老眼鏡で良いと言う結果になりました。

一応処方箋も出してもらったのですが、実際には、老眼鏡を買うときには処方箋はなくても大丈夫です。

(私は買うときにはもう処方箋の有効期限が切れていたので、使いませんでした)

処方箋なしの場合は、眼鏡屋さんで測ってもらうこともできますし、おおよその目安として、下記の状態を参考にすると良いと思います。

+1.00最近、手元の文字が見にくくなってきた
+1.5040~50cmほど顔から話して本やスマホを見る
+2.0050~60cmほど顔から話して本やスマホを見る
+2.5060cm以上顔から話して本やスマホを見る

はじめての老眼鏡の選び方

 

では、実際に老眼鏡を買うときは、自分にぴったりの度数のものを買えば良いか?と思えば、そうでもないのです。

眼科の先生に言われたたのが、とにかく老眼鏡をかけてしまうと、目がそれに頼ってしまうようになり、ますますピントを合わせる筋肉の力が衰えてしまうって。

なので、老眼鏡は使わなくても良い内はできるだけ使わないようがいいと言われていたのですが、どうしても必要になった時は、最初はあまり度数の強いものは避けた方が良いと言われました。

例えば、かけてみて「楽だ」と感じる老眼鏡を最初から使ってしまうと、その楽さに目が慣れてしまって、老眼が進んでしまうんですって。

なので、まずは、軽い度数のものから使い始め、ある程度、自分の目の筋力で、ピントを合わせたりするクセを残しておいた方が、老眼の進行を遅らせることができるのだとか。

なるほど、足腰の筋力と同じで、使わないとどんどん衰えて行くのですね!

ただし、ぴったりの度数の老眼鏡を使わないと、目が疲れて頭痛や肩こりがヒドい、などの症状がある人は、無理をせずに、きちんと自分がかけて楽な度数の老眼鏡を使った方が良いそうです。

また、老眼鏡の値段もピンキリですが、私のような、まだ初期の老眼で、使うのは薄暗いところで手元の文字が読みにくく、ちょこっとだけかける、だけの人であれば、数千円程度の単焦点のもので十分。

どうせまた、老眼が進んでもっと強いレンズに買い替えないといけないことになるはずですしね。

ただし、それだと微妙に合わないなぁとか、疲れるなぁ、と感じるようであれば、もっと高いレンズでちゃんとした老眼鏡を作りましょう。

私は、もっと老眼が進んで、これ以上レンズを強いものに替えないだろうなぁ、と言うタイミングが来たら、高いレンズの老眼鏡を買おうと思います(^^)

今回購入した老眼鏡

と言うことで、今回購入した老眼鏡は、ごくごくシンプルで安い、こちらのリーディンググラスです。

 

 

丸みのあるフレームが可愛いのが気に入りました♪

色は、可愛らしさの中にも上品な色合いのシャイニーピンクを選びました。

華やかで、なかなか実物もいい感じのお色ですよ!何しろ、今まで百均のでしのいで来たので、それと比較すると雲泥の差(笑)

かけ心地もいいですし、文字が大きく見えるので楽チン。

しかも、最近の老眼鏡は、このお値段でブルーライトカット機能もついているんですね。

よくないと思いつつ、いつもパソコンかスマホをいじっている私には、ブルーライトカット機能はありがたいです。

なんと、お値段も3500円!

ファースト老眼鏡にちょうど良いお値段、お手頃さですね。

ケースもオマケでついてきました。色は選べなかったのですが、欲しいと思ってた赤が付いてきたのでラッキー♡

初めての老眼鏡まとめ

ファースト老眼鏡を買ったので、買うときに注意したことなどを書き留めておきました。

初めて老眼鏡を買う時って、どこで、どうやって、どういう基準で選んだら良いか、迷いますよね。

インターネット通販でも購入できますが、念のため、買う前に老眼の症状が他の病気でないかどうかも診てもらうようにしてくださいね。

スポンサーリンク
40代セミリタイア夫婦のライフスタイルブログ