スポンサーリンク
独り言

自衛隊のコロナ感染防止対策 クルーズ船内活動でも感染者ゼロだったワケとは?

スポンサーリンク

大型クルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号内で集団感染が広がった際に、船内活動を実施した自衛隊ですが、なんと1人も感染者を出さなかったそうです。

考えれば考えるほど、すごい事実ですね?

どんな感染対策を自衛隊の皆さんはしていたのでしょうか?

自治体からもそのノウハウを教えて欲しいとリクエストを受け、4/14に防衛省が新型コロナウィルスの感染防止対策をまとめた資料をホームページで公開しています。

私たちの普段の生活にも生かせることは?

その資料の中身を紐解きます。

スポンサーリンク

防衛省公開の資料の入手場所

防衛省が公開した資料はこちらから見れます。

 

新型コロナウィルスから皆さんの安全を守るために

 

河野防衛大臣も、記者会見で、4900人規模で活動しながら1人の感染者も出さなかったこととで、自衛隊の防護体制に対する信頼性をアピールしました。

そして、そんな信頼性のあるこの資料を国民にも共有することで、皆さん一人ひとりの日常生活での感染予防に役立てて欲しいと訴えています。

ぜひ私たちも活用して行きたいですね。

その資料の中に書いてある「クルーズ船内活動でも感染者ゼロ」の自衛隊のコロナ対策とはどんなものなのでしょうか?

全39ページの資料の中から、私たちが実施できそうなところを抜粋してみました。

自衛隊のコロナ防止対策・・・消毒について

無水エタノール

我が家にも、以前から普通に置いてある無水エタノール。今は、街のドラッグストアでも売り切れが多くあまり見かけなくなりましたし、ネット通販で探しても通常時には考えられない値段がついていて買えない高級品になってしまいましたが。。。

防衛省の資料内では、この無水エタノールと水を【8:2】で混ぜ合わせて手指・物の消毒を推奨しています。

 

無水エタノール8:水2 ・・・ 手指・物の消毒

次亜塩素酸ナトリウム

可能: 衣服など物全般、壁などの環境etc

不可: 人体には×、金属△

 

ちなみに、家庭でおなじみのハイターやキッチンハイターも、次亜塩素酸ナトリウムです。これは、濃度が6%になるように生産されていますので、これを0.05%に薄めて物の除菌に使います。

例えば、市販に多い5%次亜塩素酸なら、500ccのペットボトルに5cc入れてから水で500ccに薄めるとちょうど良い消毒液が出来上がります。

この消毒液は、 物の消毒に極めて有効だそうです。

例えば、ドアノブ、手すり、受話器、パソコンなど、みなで共有して触るような場所の除菌。

手が荒れるので手袋をして拭き取りましょう。拭いた後に水拭きをしてください。特に金属は水拭きが必須です。

水以外の液体と混ぜないことと、換気を忘れないことが重要です。

自衛隊のコロナ防止対策・・・ゾーニングについて

ゾーニングとは、一定のエリアを「非清潔区域」と「清潔区域」に分類すること。

 

以前、クルーズ船の中の写真を撮った議員さんか誰かが、その先で2つのエリアが一緒になってしまう動線なのに、「清潔ゾーン」と「不潔ゾーン」が分かれているとアピールした写真がSNSで流れて、炎上していましたね(笑)

あれは悪い例ですが・・・。

クルーズ船内のゾーニングとは、非清潔区域は帰国者・陽性患者が立入る場所又は使用した物が置いてある場所で、清潔区域はそれ以外の場所、ときっちり分けること。

じゃあ、それを私たちが日常生活で実行するには、どうすれば良いのか、各自で考えないといけませんね。

基本は、適切な動線管理や物品の管理を行うことで感染予防となりますが、自宅のようになかなか区分けが困難な場合は、行動統制により処置することが大切だとか。

私が実施しているのは、例えば、玄関にハンドジェルと次亜塩素酸水のスプレーを置いておいて、家に入る前に手の消毒、来ていた服にスプレーします。

すぐ洗濯できない服は、そのまま2階のベランダへ持っていって、1日外に干しておきます。すぐ洗濯できるのは洗濯機の中へ。家の中では外で着ていた服は着ないようにしています。

服を洗濯機の中に入れたら、もう一度手の消毒(手洗い)とうがいをして、さっと顔も洗ってしまいます。

本当は、帰宅してすぐにシャワーを浴びたいのですが、さすがにそこまではできていません・・・(汗)

これで、少しでも外からウィルスを持ち込むのを防げていると良いのですが。

その他、資料によると

 

●入口のドア、客室内の窓を頻繁に開放(換気) (最低でも1時間に5~10分)

●作業前、作業後には手指の消毒

 

などが重要とのことです。季節的に、窓を開けていてもそんなに寒くない時期になってきましたので、室内換気は意識的に行いたいですね。

自衛隊のコロナ防止対策・・・手袋の取り方

普段、あまり手袋をしませんが、先日使い捨てのゴム手袋を買いました。

目的は、お庭のDIYをする時に手が汚れないように、ですが、こう言う時期ですから、トイレ掃除をする時にも使いたいです。

あとは、先日知人30人くらいとマスクを共同購入したのですが、その集金とお金の計算をせねばならず・・・素手では触りたくないので、買ったゴム手袋が活躍しそうです

 

そのゴム手袋を脱ぐ時、皆さんはどうしていますか?素手で使用済みの手袋を触ってしまったら意味がないですよね。

自衛隊の資料では、素手で触らずに手袋を脱ぐ方法が紹介されています。

出典:https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Disaster_relief/2020covid_19/2020covid_19_guidance1.pdf (27P)

ポイントは、片手側を脱いだ時に、内側が外になるようにし、綺麗だった内側を掴んで反対側の手袋をつまんでもう片方を脱ぐ、と言うところです。

これなら、汚い外側に素手で触れずに手袋を脱げますね。

たぶん、自宅で手袋をして髪を染めている方は、無意識にこの方法を実行しているのではないでしょうか?(こうして脱げば、髪染めで汚れている手袋の外側を手で触らずに脱げる。)

自衛隊のコロナ防止対策・・・マスクの取り方

Photo by H Shaw on Unsplash

マスクの取り方については、TVなどでも繰り返し流れていますので、すでに多くの人に浸透しているはずなのですが、日常的に見ていると、やはり皆さん無意識にマスクの表面に手で触れている方が多いなぁ、と言う印象です。

改めてマスクの表面につい触れてしまうクセを治して行きたいですね。

マスクを外すときは、まず手指をよく除菌してから、ゴムの部分を持って外します。捨てるときも、マスクに触れないように注意です。

出典:https://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/images/Disaster_relief/2020covid_19/2020covid_19_guidance1.pdf (29P)

まとめ

他の省庁から派遣されていた職員には感染者が出てしまったクルーズ線内の活動。

そんな中で自衛隊員は感染者ゼロと言う驚くべき事実。その大きな事実だけを持ってしても、隊員の皆さんが遵守していたノウハウは、私たちができる限り真似して取り入れていくべきことだと思います。

防衛省が公開した資料を見てみても、普段の生活で私たちが実践できることがたくさんあります。

自分と大切な家族を守ため、そして新型コロナウィルスを1日も早く収束させるため、私たちもできることを淡々と実施していきたいですね。

スポンサーリンク
40代セミリタイア夫婦 理想の上質なライフスタイルの実現まで